ドクターブログ

2010.02.12更新

先日、つかこうへい氏演出の飛龍伝2010を観て来ました。

舞台観賞が好きでよく出掛けるのですが、「つかこうへい作品」は初めてでした。
勝手な思い込みでかなりシリアスな演出だろうなと思っていたら、これまたビックリ!コメディ要素も強く笑いもある作品でした。
その後家に帰ってから調べてみたら、つか氏の演出は、場面転換の際に歌と踊りを用いるそうです。ミュージカルとまではなりませんが、急に大音量が流れ出すので最初は戸惑いました。

作品の内容は、「安保反対に燃える学生たちと、彼らの鎮圧に全力を注ぐ機動隊。そのトップに立つ2人が、全共闘の委員長に祭り上げられた女学生と恋に落ちる。」
と言った感じなのですが、主演の黒木メイサさんはじめ皆さん熱の入れようで惹き込まれてました。中でも東幹久さんが快演されていて今作品私の中で1番でした。

1

投稿者: 常盤矯正歯科医院

SEARCH

CATEGORY

常盤矯正歯科医院