ドクターブログ

2013.05.31更新

1

先週は小学校の運動会がありました。昨日梅雨入りしたとかで、タッチの差で天候には恵まれました。

実はぎりぎりまで長女が体調を悪くしていて、参加も危ぶまれましたがなんとか回復してくれました。

次女は足が速く、今回も選抜リレーの選手に選ばれました。当日は私も仕事がありましたが、次女のリレーが終わるまでは帰らず参観していました。
リレーが始まる頃は、ビデオカメラ片手にドキドキして、撮影ポイントをさがしてスタンバイしていました。

リレーが始まり、一年生がスタートしてからずっとビデオカメラを回し続け、我が子の出番を待っていましたが、だんだん自分が緊張してしまい、ビデオカメラをもつ手が震えてきてしまいました。会場は大歓声とともに盛り上がっていて、白熱した空気が充満していました。

はじめは余裕で勝っていたのに、バトンを落とすハプニングがおきてしまい、逆転されてしまったあたりで、次女の出番!
がんばれば絶対抜かせる!と心の中で叫んで、気がつけばビデオ撮影はそっちのけで、息をのむように見いってしまいました。
あー抜かせなかった!
そしてアンカーの子も抜かせず、結果は負けでした。
終わった時に、あっビデオ!あまりに興奮してしまって、ちゃんと撮影できませんでした。

負けてしまったけれど、あの大歓声の中、大注目を浴びながら一人で走りきった娘には金メダルです。頑張ってたな〜!帰ってきたら誉めてあげよう。
後ろ髪をひかれつつ、興奮した状態で私は会場をあとにしました。

今回はリレーのゼッケンを友人のおばあちゃまに作っていただいたり、運動会後に娘達をあずかってくれたママ友達には感謝です。

まわりに支えられてるな〜!ありがたいことです。

投稿者: 常盤矯正歯科医院

SEARCH

CATEGORY

常盤矯正歯科医院