ドクターブログ

2015.05.01更新

01

先日、娘の発表会がありました。
いつになく、異常といっていいほど緊張していたようで、本番前は手がとても冷たくなっていました。
好きなディズニーのメドレーを選んでいましたが、ギリギリまで家で練習し、なかなかスムーズにいかないようだったので、本番も厳しいだろうなと勝手に想像していました。

低学年の子供達が次々に弾き終わると、娘の出番がやってきました。
緊張が私にも伝わってくるようでしたが、今までにないというくらいな出来栄えで、我が子ながら堂々とした演奏でした。

座席に戻ってくると、緊張がほぐれたのかニコニコでした。
今までで一番上手に弾けてたよ!とすぐほめると、
私、本物のピアノが欲しい!といってきました。
我が家は簡素な電子ピアノで、住宅事情からすると、大きなピアノはおけません。ちょうど実家に30年くらい前の眠っているピアノはあるのですが、移動や調律のことを考えると、さらに気がひけてしまいます。

眠ったままのピアノももったいないし、娘の願いも強そうだし、あとは私の決断のみなのですが、これがまたなかなか踏み切れず・・
主人はとっくにGOサインをだしているのですが。

投稿者: 常盤矯正歯科医院

SEARCH

CATEGORY

常盤矯正歯科医院