小児下顎前突

子どもの反対咬合(はんたいこうごう)

反対の咬み合せを放置すると、将来あごを切る手術をしないと治らなくなることもあります。

受け口は反対咬合、下顎前突(かがくぜんとつ)とも言われます。
歯の傾きが原因で受け口になる場合と、骨格的な問題(下あごが大きい)で受け口になる場合があります。
かみにくくなるだけでなく、受け口特有の顔立ちや発音障害(サ行、タ行)などの問題もあります。

矯正前

 
 

矯正中

 
 
Ⅰ期治療術後         Ⅱ期治療開始

矯正後

 
 

この患者様は、お母様が早期に反対咬合に気付き来院されました。
まず裏側からの矯正治療とあごの成長をコントロールする装置を用い、前歯のかみ合わせの改善を行いました。
その後、慎重に経過を観察し、歯を抜かないで永久歯の矯正治療を行い、良好な永久歯の咬みあわせになりました。

子供の受け口(反対咬合・下顎前突)の歯列矯正治療に関する基本的な考え方

受け口はなるべく早く矯正治療する、というのが基本的な考え方です。
上あごの成長発育は小学校低学年~中学年(7, 8, 9才)にピークを迎え、その後、思春期に下あごの成長発育のピークが訪れます。
受け口というのは、上あごの前歯が下あごの前歯の内側にありますから、受け口という状態そのものが上あごの発育を阻害する要因になります。
このため、上あごの成長発育のピークである小学校低学年以前に矯正治療するのが望ましいのです。

常盤矯正歯科医院